トップ / コーヒーによる色素沈着

歯磨き粉でトラブル

コーヒーによる色素沈着

コーヒーの飲みすぎでの色素沈着

歯の色素沈着の原因の中でも、ダントツでトップに上がるコーヒーの影響。本当は色の濃い飲み物はすべて歯の表面の色素沈着の原因になるものですが、やはりそれだけ愛飲人口が多い飲み物だから、ということでしょう。

では、コーヒーに含まれるどのような成分が歯の色素沈着の原因になっているのでしょうか?飲み物が原因で起きる歯の色素沈着の大きな原因は、渋み成分のタンニンが原因だといわれています。タンニンとは植物全般に含まれるポリフェノールの総称で、特に緑茶に含まれるカテキンが広く知られています。厳密にいえば、実はコーヒーにはタンニンは含まれていません。

タンニン酸とよく似た構造と働きを持つクロロゲン酸が含まれています。このポリフェノールには、強い抗酸化作用があるため美容や健康に良い成分としてよく知られています。しかし、ポリフェノールに含まれる色素は、非常に歯に着色しやすいため、白い歯をキープするには厄介な成分です。コーヒーなど色の濃い食べ物を取ったときには歯磨きなどで汚れをそのままにしておかないようにしたいものですね。

そして、なぜか同じようにコーヒーを飲んでいても、歯の色が黄ばみやすい人と黄ばみにくい人がいます。様々な原因がありますが、最も大きな原因として唾液の分泌量の個人差にあると考えられています。

歯の表面に付着した色素、いわゆるステインはある程度唾液で洗い流すことができます。この唾液の分泌が少ない人はステインの影響を受けやすく、歯の表面が黄ばみやすいといえるでしょう。タバコをよく吸う人やアルコール摂取の高い人は唾液の分泌量が少なくなるといわれています。イヤな口臭予防にも、禁煙禁酒は効果的ということですね。

Copyright © コーヒー好きの歯磨き知識. All rights reserved.