トップ / コーヒーによる口臭は

歯磨き粉でトラブル

コーヒーによる口臭は

コーヒーは口臭とも大きな関係が

では、次にコーヒーと口臭の因果関係についても押さえておきましょう。コーヒーが口臭の原因になりやすいことはよく知られています。コーヒーにはコーヒー豆の細かな微粒子がたくさん含まれていますが、この微粒子が舌の表面にある舌乳頭に付着してそのまま残ることでコーヒー独特のにおいが残ります。主にコーヒーに多量に含まれるこのカフェインが原因となっており、このコーヒー独特のにおいは、いわゆるコーヒー臭、コーヒー口臭といわれています。

コーヒーに由来する成分の臭いですから、厳密には口臭とは言えないかもしれませんが、やはり周囲には異質なにおいとして感じられてしまう場合があるのです。周囲に不快感を与えないことが前提の大人のエチケットとしては、コーヒー口臭は避けたいですね。コーヒー口臭対策としては、ブラックコーヒーで飲むようにする方が効果的です。

なぜなら、ミルクや砂糖はこれらの成分も舌の表面に付着しますし、砂糖は細菌のエサになります。これらの原因によってより口臭がきつくなる可能性が高いのです。またコーヒーに含まれるカフェインには強い利尿効果があります。この利尿作用によって体内の水分が失われて結果として唾液の分泌が減少することにより口臭が増すことになります。口の中が乾きやすくなると、細菌やバクテリアが一気に増加してこれらが口臭のもととなってしまうからです。

またコーヒーの飲みすぎは胃にもよくありません。また、胃が荒れるため口臭がひどくなることもよく見受けられるケースです。胃が荒れると消化不良を引き起こすため、口臭の大きな原因になってしまうのです。刺激の強い飲み物であることを心得て、ガブガブ大量に飲むことをやめて適度な量の飲用を心掛けたいですね。

Copyright © コーヒー好きの歯磨き知識. All rights reserved.